未婚で無職の人の割合は60%

未婚で無職の人の割合は60%
その数はなんと160万人
テレビでこれに関して放送をしていた。

 

そこでテレビでは親の責任にしていたけど
実際は違うと思う
ネットの本音の意見をを見る限り

 

  • 見た目
  • 容姿のコンプレックス

からはじまっている問題でもある。

 

もちろんテレビが言うように、親の責任もあるだろう。
様々な社会的な現代の問題だ。

 

見た目の問題をいきなり出すと、話が飛躍しているように思われるかもしれないが
これは無職で未婚の人には、根本的な問題でもある。

 

 

今の世の中は「見た目」が注目される
モデルやカリスマなど
派手、見た目で判断するような世の中だから

 

もっと人間の中身が判断されるような世の中であるべきだ。
っていうよりも、
必要とされる人間が必要になる世の中であるべきだ

 

 

 

見た目の派手さではなく
今の人間の文明は発達しているのに
やれ、モデルがとかやれ、カリスマとか、
流行とか
そんなものにとらわれすぎだから
そのようになっているのだ

 

もっと人間的なものが注目されるようになれば、この無職で未婚の問題も少しは変わるだろう。
少子化の問題についてはコチラのサイトでも取り上げられている。
http://aptrade.info/entry30.html

 

ただ単純なランゲーム

続く残業、上がらない給料、休日でさえ明日の仕事の為にと体を休ませる為だけのものとなる…

 

そんな社蓄の生活を送る人は、爽快さを求めているでしょう。

 

しかし、体を休めたい時には刺激的なものより欲しいものもある、そんな日はないでしょうか。
それでも、心は軽くなりたいという思いはないでしょうか。

 

 

 

そういう時、ただ単純なランゲームアプリはいかかでしょうか。
障害物を避けながら、前へ進んでいくゲームアプリです。

 

前へ前へ…ひたすらに前へ進んでいきます。
割と無心で進められるゲームアプリではないかと思います。

 

 

 

無心で進められる、と言っても、タイムが一定以下に落ちるとゲームアプリオーバーになります。
進むスピードを維持する必要があります。

 

いずれにせよ操作は単純なものです。
しかし、手持ち無沙汰の布団の上では丁度いい慰めになります。

 

 

 

それに、単調になりがちなゲームアプリでも、時にはアプリのクエストを挟んだものもあります。

 

そのアプリのクエストをクリアしていくのも、またゲームアプリとしての楽しみになると思います。

 

ただ前へ前へと進むのも、一種の爽快感を得られるでしょう。
気持ちが後ろ向きな時などは、特にそう感じられることでしょう。

 

日々の疲れの中に、爽快感を感じたいアプリで、単調に前へ進む遊びはいかがでしょうか。